読書

30歳を目前にして、ようやく読書の楽しみを実感しつつある。

以前だったら、スマホを手に取っていたところを本に置き換えてみたところ、色々調子が良い。少なくとも師走に漠然と感じていた、ひとりで落ち着いて考える時間がほしいという欲求は、本を読むことで概ね解決することができた。

一度本を開くと、そういえばあれも読みたかった、そうだこれもと芋づる式に読みたい本が増えていって、本屋に行って、図書館に予約してと忙しいけれど、それがまた楽しい。

最新記事

すべて表示

よつばと その2

早速、TSUTAYAで借りて14巻まで読んだ。 子どもを育てるって大変だ。毎日3度の食事の用意に、寝かしつけ、悪いことをしたら叱り、子どもの遊びに付き合う。それがエンドレス。 自分もこうやって育ててもらったのかと考える。 手がかかるけど、いとおしい存在。そんな子どもとして主人公よつばは描かれていて、すっかりこの漫画の虜となってしまった。

よつばと

この頃、電車でたびたび見かける漫画『よつばと』最新刊の広告。 なんとなく読んでみようかなという気になって、試しに読んでみたら、すごく好きな世界観だった。 1日の終わりはついあれこれ考えてしまいがちだけど、気づけば漫画に没頭していて「まあ、いっか」と自然とそんな気持ちになっていた。 今度、TSUTAYAで借りてこよう。

Copyright © 2016-2021 Hatsune Marumori