プール

今朝、珍しくシャワーを浴びて使い古しのタオルを頭にかぶせたら、

その匂いと感触から、ふいに小学生時代のプールの光景が脳裏に浮かんだ。


入り口にはメタセコイアの木が1本そびえた立ち、壁には頑固なツタ。

床に散らばった葉や木の実を踏んづけながら、

シャワー台に進み、最後に階段を登ってプールにたどり着く。


好きな遊びは、

みんなで輪になって作る流れるプールと、水中宝探し。


ある時、プール掃除を任されて、

みんなで「ヘドロきたない〜」と文句を言いつつ

いつの間にか泥んこになってゲラゲラ笑い、

男子が捕まえたヤゴを虫かご越しに眺めた。


プールの脇には、飼育小屋があって、ウサギとニワトリがいたけれど、

当時はおんどりが毎朝けたたましく鳴くばかりで、あまり可愛いと思えなかった。


プールの正面にはピンクと白で彩られた古い校舎があり、

ある時、手前の水場が舗装されて、

まっさらなコンクリートに猫の肉球が一つ残った。

通りかかるたびに気になって、

しゃがんで眺めては、そっと指でなぞったりしていた。


…もう雑巾にでも作り直そうと思ったタオル1枚で

こんなに思い出すとは。

Copyright © 2016-2020 Hatsune Marumori