車のタイヤ

冬物の裾だしに向かうバス停で、

ふと信号待ちの軽トラが目に入る。


ベンチに座っていたこともあり、

ちょうど目線の高さに綺麗に横向きで収まっていた。

暇なので、隅々まで眺める。

「へぇ、タイヤの軸の部分ってこんな風になってるのか」

それは、ちょうど風車のような形をしていた。


信号が青になり、車が一斉に走り出す。

次々と目の前を横切る車に、一つとして同じ形のタイヤはない。

どれもこれも個性的な形をしている。

そこへようやくやって来たバスは、前輪と後輪で形が違っていた。

こんな世界があったなんて。


乗車後も、私はまるで子どものように食い入るように外の車を眺めた。

これがなかなか面白い。

先ほどはタイヤを追うだけで精一杯だったが、

よくよく全体を観察すると、

「この車にはこのタイヤでなくっちゃね」というようなデザインに収まっている。


ほんの少し、乗り物に夢中になる男の子の気持ちが分かったような気がした。

最新記事

すべて表示

幸せの基準

この頃、夜時間ができるとまた折り紙を触ったりしている。と言ってもそんな余力があるのは週末くらいなもので、それでもリハビリ的に手を動かしていると「楽しいな」という感情が自然とわいてくる。そりゃそうだ。だって子どもの頃から、こうやって何か作ったりするのが一番好きだったんだもの。 外に思うように出て行けなくなって、自分の幸福の基準をしばしば考えるようになった。 私はどんな時にうれしく幸せな気持ちに包まれ

記録

以前、過労が原因でかつてない無気力感を味わってからというもの、このままやり過ごしたらきっとうつになるという危機感から、自分の生活習慣を見直すようになった。 現状把握のためカレンダーへ出勤・退勤時刻を記録、次第に2、3文の日記、1日の健康状態を○×△で評価、今では掃除洗濯した日までメモするようになって、カレンダーを見ればおのずと1ヶ月の生活のありようを俯瞰できるようになった。 たとえ汚い走り書きでも