朝の音楽

むかし我が家では、いつまでも身支度をはじめない子どもたちを起こすために、朝から音楽が流されていた。


選曲は決まって、

ベイ・シティ・ローラーズか、フィンガー5。


おかげで、今でも口ずさんでしまうし、

Apple Musicのプレイリストにもしょつちゅう出でくる。


今朝も眠い目をこすりながら再生させると

サタデイ・ナイトが流れてきた。

世代でないのに懐かしいという奇妙な現象が起きる。

最新記事

すべて表示

山下達郎「僕の中の少年」

1988年リリース。 中高生くらいの時に、親のCDラックから勝手に引っ張り出してよく聴いていた。 今日から7月なので、夏を感じたくて、ほろ酔いで聴く夜。

ホール&オーツ

最近、よく帰宅後に聴いている。 なんだかテンポや曲調が夜に聴くのにちょうど良い。 「Rich Girl」 「You Make My Dreams」 「Private Eyes」 「I Can't Go for That」 「Maneater」 一番最初にホール&オーツの楽曲を聴いたのは、さかのぼること15、6年前。ピアノ伴奏の美しい洋楽ばかりを集めたという「The piano songs」に収録さ

ミュージックステーション

帰宅が遅くなってしまったので、夕飯がわりのたこ焼きを食べながらテレビでも見ようとチャンネルを回すとミュージックステーションがやっていた。 「え、この時間帯に?」という意外性と、関ジャニに、ファーストサマーウイカが阿部真央の作詞・作曲デビュー曲を初披露ということで何となくそのまま見始める。 一体いつから番組の時間帯を移動したんだと調べたら、何と1年以上前だった! 自分の疎さよ。何しろヒゲダンも最近知