鮭の蒸し焼き

天然の紅鮭が3切300円を切っていたので、まとめて蒸し焼きに。


蓋が閉まりきらないほど白菜をのせたのに、最後はちゃんと収まった。


生姜を切らしていたのが痛いけど、辛口だったからか、ほぼ調味料いらずで、酒を回しただけで、鮭の旨味がぎゅっと凝縮されて美味しかった。

最新記事

すべて表示

偶然の産物

昨夜、空腹でフラフラしながら家路につき、「すぐに夕飯にしよう」と味噌汁を温め直そうと思ったら、鍋には前の晩のシチューがわずかに残ってるではないか。 今夜は味噌汁につみれを足してうどんにと考えていたのに…仕方がないと急遽予定を変更。シチューの鍋に味噌汁、つみれ、さらに、作り置きのキャロットラペも投入。 どうだろう…と恐る恐る味見をしてみると、これが大正解で、まるで物凄く手間暇かけて作ったかのような本

Copyright © 2016-2020 Hatsune Marumori