釣りバカ日誌

映画「釣りバカ日誌」(1988年)、「釣りバカ日誌2」(1989年)を観る。


(お目当てのクレイジーキャッツの映画が手に入らず代わりに。エンドロールで「あら、あのおじさん谷啓だったんだわ」と気づく)


30年以上前の映画なので、さすがに時代を感じる場面や演出はあれど、それをひっくるめても楽しめた。

最新記事

すべて表示

釣りバカ日誌9

1997年上映。今作は特によかった。 そして、次作はいよいよ記念すべきシリーズ10作目。

植木等「ニッポン無責任野郎」

今度は、「ニッポン無責任野郎」を観る。 冒頭から「無責任一代男」が流れたかと思うと、つぎつぎ「スーダラ伝説」で聞き馴染みのある音楽が流れ楽しめた。 ただ、物語の肝となる専務派と常務派の派閥争いを追うのにやや苦労。 (時代特有の台詞回しが聞き取りづらく、何度か巻き戻した) この映画はシリーズ2作目とのことで、どうやら観た順番が悪かったらしい。 なので、次は1作目「ニッポン無責任時代」観ることとする。