検索

特別なこと

毎日とまでは行かないまでも、最近、徐々に自炊生活に戻せつつある。うれしい。

冷蔵庫に刻み生姜、台所に玉ねぎのストックがあるのはいつぶりだろう。


料理することをなるべく特別なことにしないよう注意を払う。


別に誰かのために作る訳ではないのだから、半分レトルトでも、一部惣菜でも、あるいは鯖缶だって、納豆だって何でも良いのである。


一日一回わずかな時間でも台所に立てれば良し。


何事も特別ではなく、いつも日常の延長にありますように。



最新記事

すべて表示

ドラマ『ホタルノヒカリ』で縁側でくつろぐ蛍や部長を羨ましく感じていたこともあって、暖かい季節になるとベランダに出てただ何も考えずにぼーっと過ごす、ということも少なくない。 「ここはうちの縁側だ」とベランダの縁に腰をかけ目をつむる。 残念ながらビールはない。 だが、家で酒類を呑まなくなって久しいので全く問題ない。 結局こんな時間が一番しあわせで、心地の良い風が髪を揺らしてもクシャミの一つも出ないから

結局、眠りにつけず、再びスマホ片手にネットサーフィンをしていたら、日が昇ったのだろう、辺りが明るくなってきた。 どうするのだ、これは寝坊するパターン…(学生時代の実体験) いや、さすがにもう若くはないしそれはないだろう。待っているのは、後から押し寄せる強烈な疲労感…。すでに頭の右後頭部が少し痛い。身体も病気で寝込んだ時のように、横になったままの体勢が長くて節々が痛い。 完徹は絶対にするなと頭の中の

つい先日、睡眠不足の代償について云々書いたくせに、頭が冴えてしまって眠れない。 床に就てしばらくは静かに目をつむっていた。が、次々考えが浮かんで一行に眠りにつけない。 (決してネガティブなことではない。どちらかと言うと遠足の前日のような感覚に近い) 困った。すでに起床時間まで6時間を切ってしまった。理想としては7時間、いや8時間は睡眠時間を確保したい、がもう叶わない。 しかし、私は今、暗がりの中、