心踊るパッケージ

差し色が蛍光色なのはずるい。


空き瓶、空き箱になっても到底捨てられないよ。


最新記事

すべて表示

釣りバカ日誌9

1997年上映。今作は特によかった。 そして、次作はいよいよ記念すべきシリーズ10作目。

釣りバカ日誌

映画「釣りバカ日誌」(1988年)、「釣りバカ日誌2」(1989年)を観る。 (お目当てのクレイジーキャッツの映画が手に入らず代わりに。エンドロールで「あら、あのおじさん谷啓だったんだわ」と気づく) 30年以上前の映画なので、さすがに時代を感じる場面や演出はあれど、それをひっくるめても楽しめた。