復刻版 初代リカちゃん

十数年ぶりに新しく人形をお迎え。

復刻版の初代リカちゃん。

初代リカちゃんとの出会いは今を去ること15年前、

イラストレーター・タケヤマ・ノリヤさんの著書『想い出のリカちゃん』をきっかけに一目ぼれ。

当時、すでにコレクターズアイテムとして高値で取引されていた初代リカちゃんをとても中学生が手に入れられるはずもなく、それでも少し背伸びして銀座・博品館で販売された「レプリカリカ」(初代リカちゃんの復刻版)を1体だけ持っていた。


もちろん復刻版はいつでも市場に出回っている訳ではなく、復刻版ですら限定品であることから高値で取引されるアイテム。

ゆえに、タイミングが合わなければ手にすることができないレア品…

それが、今回、巡り合わせでようやく迎えることができた…!


毎月新しい初代リカちゃん、いづみちゃんが受注販売、しかもネットで注文できるなんで、リカちゃんキャッスルはなんて太っ腹なんだろう…

(価格は太っ腹ではないけど、こればっかりは仕方ない^^;)


そんな訳で、我が家にやってきたリカちゃん。

髪色が奇抜だけど、メイクが淡くまとめられているからか、あまり違和感はない。

むしろ、綿菓子みたいでかわいい^^


初代サイズのお洋服はないので、少し大きいけど現リカちゃんのアウトフィットで。

最新記事

すべて表示

よつばと その2

早速、TSUTAYAで借りて14巻まで読んだ。 子どもを育てるって大変だ。毎日3度の食事の用意に、寝かしつけ、悪いことをしたら叱り、子どもの遊びに付き合う。それがエンドレス。 自分もこうやって育ててもらったのかと考える。 手がかかるけど、いとおしい存在。そんな子どもとして主人公よつばは描かれていて、すっかりこの漫画の虜となってしまった。

よつばと

この頃、電車でたびたび見かける漫画『よつばと』最新刊の広告。 なんとなく読んでみようかなという気になって、試しに読んでみたら、すごく好きな世界観だった。 1日の終わりはついあれこれ考えてしまいがちだけど、気づけば漫画に没頭していて「まあ、いっか」と自然とそんな気持ちになっていた。 今度、TSUTAYAで借りてこよう。

Copyright © 2016-2021 Hatsune Marumori