検索

夜更かしの代償

訳あって睡眠数時間で仕事へ向かい、気力でどうにかなったのは日中だけのこと。

案の定、夕方以降、身体がふらふらになってしまった。


まるで糸がプツッと切れたかのように疲労感がどっと押し寄せ、しまいに背筋は曲がり、あごは前に出て、歩行もおぼつかず、これが夜更かしの代償かと悔やんだ。


人間やはり睡眠は十分に取らねばならない。

睡眠時間を削っても身体に良いことは何もない。

安心して眠れることに感謝し、さっさと就寝することにする。

最新記事

すべて表示

ドラマ『ホタルノヒカリ』で縁側でくつろぐ蛍や部長を羨ましく感じていたこともあって、暖かい季節になるとベランダに出てただ何も考えずにぼーっと過ごす、ということも少なくない。 「ここはうちの縁側だ」とベランダの縁に腰をかけ目をつむる。 残念ながらビールはない。 だが、家で酒類を呑まなくなって久しいので全く問題ない。 結局こんな時間が一番しあわせで、心地の良い風が髪を揺らしてもクシャミの一つも出ないから

毎日とまでは行かないまでも、最近、徐々に自炊生活に戻せつつある。うれしい。 冷蔵庫に刻み生姜、台所に玉ねぎのストックがあるのはいつぶりだろう。 料理することをなるべく特別なことにしないよう注意を払う。 別に誰かのために作る訳ではないのだから、半分レトルトでも、一部惣菜でも、あるいは鯖缶だって、納豆だって何でも良いのである。 一日一回わずかな時間でも台所に立てれば良し。 何事も特別ではなく、いつも日

結局、眠りにつけず、再びスマホ片手にネットサーフィンをしていたら、日が昇ったのだろう、辺りが明るくなってきた。 どうするのだ、これは寝坊するパターン…(学生時代の実体験) いや、さすがにもう若くはないしそれはないだろう。待っているのは、後から押し寄せる強烈な疲労感…。すでに頭の右後頭部が少し痛い。身体も病気で寝込んだ時のように、横になったままの体勢が長くて節々が痛い。 完徹は絶対にするなと頭の中の