検索

偶然の産物

黒丸シールを作るために

マーカーで塗りつぶしていたところ、


「お、なんかいい感じ」と思わず撮影。


塗りつぶしても

若干下の赤地が透けてるのが良い。


また、剥離紙の部分は

自然にインクが弾くのも面白い。


こういうのに反応してしまう度、

あぁ、自分のルーツはやっぱり〝絵画〟なんだよなぁとつくづく思う。


油絵を通して得た経験は大きい。

最新記事

すべて表示

ソファに寝っ転がってスマホから得る情報と、自分の足で歩いて直接目で捉えた景色では、圧倒的に後者の方が情報の鮮度が高いと思った。 昔よく「写真を見て絵を描くな」と言われたけれど、その真意が分かるような気がする。 自分の目で観察する行為は、フォーカスも自由自在。かつこちらに「さぁ、観るぞ」というわずかな心構えさえあればOKである。 ふと、宮崎駿さんが「アルプスの少女ハイジ」の現地取材にてほとんど写真を