ホール&オーツ

最近、よく帰宅後に聴いている。

なんだかテンポや曲調が夜に聴くのにちょうど良い。


「Rich Girl」

「You Make My Dreams」

「Private Eyes」

「I Can't Go for That」

「Maneater」


一番最初にホール&オーツの楽曲を聴いたのは、さかのぼること15、6年前。ピアノ伴奏の美しい洋楽ばかりを集めたという「The piano songs」に収録されていた「Kiss on My List」だった。


その後、以前の職場の有線で「Rich Girl」を聴き何度もリピートして、ほどなくしてApple Musicで再会して現在に至る。


リアルタイム世代ではないので、聴いてる曲は断片的だし偏りもあるのだけど、最近、10代の頃に聴いてた70s、80sの洋楽を聴き直して懐かしい、やっぱり良いなと浸ったりしている。

最新記事

すべて表示

ミュージックステーション

帰宅が遅くなってしまったので、夕飯がわりのたこ焼きを食べながらテレビでも見ようとチャンネルを回すとミュージックステーションがやっていた。 「え、この時間帯に?」という意外性と、関ジャニに、ファーストサマーウイカが阿部真央の作詞・作曲デビュー曲を初披露ということで何となくそのまま見始める。 一体いつから番組の時間帯を移動したんだと調べたら、何と1年以上前だった! 自分の疎さよ。何しろヒゲダンも最近知

Dynamite

不意に聴いたBTSのDynamiteという歌がすごく良くて、何度も繰り返し聴いてしまう。 今年はニュースで見聞きする機会も多かったけど、実際に軽快なビートに触れ世界がうなるのも分かるような気がした。

Copyright © 2016-2021 Hatsune Marumori