ハリー・ポッターと賢者の石

今夜、十数年ぶりに金曜ロードショーで「ハリー・ポッターと賢者の石」を観た。

気分はすっかりあの当時に戻って、わくわくドキドキあっという間の2時間半。

ハリーもロンもハーマイオニーもまだまだあどけなくて、自分もあんなに小さかったんだなと感慨深くなる。(私はエマ・ワトソンと一つ違いで当時10歳)。

9と4分の3番線、ダイアゴン横丁にニンバス2000…一つ一つが懐かしく、物語を追いかけながら色んなことを思い出した。家族でシリーズ1作目を映画館へ観に行ったこと、2作目のポスターが公開された時の歓び、学校ではいつもハリポタの話題で持ちきりで、本屋やブックオフへ行けば決まって『スクリーン』を立ち読みするそんな小学生だった。(もう20年近く前のことだとか信じ難い)。

今、改めて観ても、物語の世界観、配役に音楽、どれを取っても素晴らしく、これは子供が夢中にならないはずがないと確信するのだった。来週も楽しみだ。

最新記事

すべて表示

プール

今朝、珍しくシャワーを浴びて使い古しのタオルを頭にかぶせたら、 その匂いと感触から、ふいに小学生時代のプールの光景が脳裏に浮かんだ。 入り口にはメタセコイアの木が1本そびえた立ち、壁には頑固なツタ。 床に散らばった葉や木の実を踏んづけながら、 シャワー台に進み、最後に階段を登ってプールにたどり着く。 好きな遊びは、 みんなで輪になって作る流れるプールと、水中宝探し。 ある時、プール掃除を任されて、

Copyright © 2016-2020 Hatsune Marumori