ガールズマーマー

という雑貨屋さんが昔アルタ新宿店にあった。

店内にはムーディーな間接照明のもと、所狭しと昭和レトロなアイテムが並び、BGMは全て歌謡曲。隣のスイマーも相当個性が強かったけど、それに負けづ劣らずフロア内でも一際異彩を放つお店だった。


昭和レトロの世界に魅せられていた10代の私にとって、この店はまさにパラダイスそのものだった。気が向けば大きな学生鞄を下げ、お小遣いで買える範囲のマスコットやポスターを選んで帰る。それが当時何より楽しみだった。


時は流れ、今ではアルタの1階もすっかり様変りしてしまったけれど、店頭で感じたあのワクワクはいつまでも忘れることはない。


おまけ

当時、裁縫箱やノートに貼ったお店のシール。(包装にテープとして止まっていたもの)。他に内藤ルネ風の黒猫のステッカーもあったと記憶している。それはゴミ箱に貼っていた。今度実家に帰ったら確認してみよう。

最新記事

すべて表示

よつばと その2

早速、TSUTAYAで借りて14巻まで読んだ。 子どもを育てるって大変だ。毎日3度の食事の用意に、寝かしつけ、悪いことをしたら叱り、子どもの遊びに付き合う。それがエンドレス。 自分もこうやって育ててもらったのかと考える。 手がかかるけど、いとおしい存在。そんな子どもとして主人公よつばは描かれていて、すっかりこの漫画の虜となってしまった。

よつばと

この頃、電車でたびたび見かける漫画『よつばと』最新刊の広告。 なんとなく読んでみようかなという気になって、試しに読んでみたら、すごく好きな世界観だった。 1日の終わりはついあれこれ考えてしまいがちだけど、気づけば漫画に没頭していて「まあ、いっか」と自然とそんな気持ちになっていた。 今度、TSUTAYAで借りてこよう。

Copyright © 2016-2021 Hatsune Marumori