考える時間

最近、湯船につかっている間が一番考え事が捗るように思う。


(視力が悪いために)ピントの合わない視界。換気扇から微かに漏れ聞こえる車の走行音。適度な ぬるま湯。


年明け早々ぼーとつかっていたら、あっという間に1時間半くらい経過していてさすがに驚いた。


このシチュエーションを他でも応用できないかと思い、聞こえるか聞こえないかくらいの音量のボサノバをながし、血行促進にホットティーを添え机に向かったところ、なかなか手応えを感じた。

今後もあれこれ試してみようと思う。


最新記事

すべて表示

幸せの基準

この頃、夜時間ができるとまた折り紙を触ったりしている。と言ってもそんな余力があるのは週末くらいなもので、それでもリハビリ的に手を動かしていると「楽しいな」という感情が自然とわいてくる。そりゃそうだ。だって子どもの頃から、こうやって何か作ったりするのが一番好きだったんだもの。 外に思うように出て行けなくなって、自分の幸福の基準をしばしば考えるようになった。 私はどんな時にうれしく幸せな気持ちに包まれ

記録

以前、過労が原因でかつてない無気力感を味わってからというもの、このままやり過ごしたらきっとうつになるという危機感から、自分の生活習慣を見直すようになった。 現状把握のためカレンダーへ出勤・退勤時刻を記録、次第に2、3文の日記、1日の健康状態を○×△で評価、今では掃除洗濯した日までメモするようになって、カレンダーを見ればおのずと1ヶ月の生活のありようを俯瞰できるようになった。 たとえ汚い走り書きでも